• DATA MANAGER M

DATA MANAGER M
ennexOS搭載

ennexOS搭載のData Manager Mは、エネルギー管理プラットフォームennexOSに接続されている電気機器の通信が確実に行われるように管理し、ennexOSと各種エネルギー部門のアプリケーションとの間の通信を制御します。 各種インターフェースを装備したData Managerは、データ記録およびエネルギーフローの制御・監視の基本ユニットです。

SMA Cluster Controllerの後継モデルとしてリリースされたData Manager Mは、大規模な分散型太陽光発電システム向けの産業仕様システムインターフェースとしても実装されます。Data Manager Mには電力会社、卸電力市場取引者、メンテナンス業者、太陽光発電システムの運営会社に役立つ新機能が多数搭載され、総合的なエネルギー管理を可能にします。

対応デバイスの台数接続可能なSMA機器台数:25台
Modbus/TCP I/O機器:3台
Modbus/TCPメーター機器:3台
設定と試運転調整デバイスに組み込まれたセットアップアシスタント機能で試運転調整が簡単
Data Managerとパワーコンディショナの設定を、セキュアなリモート操作で実行
系統管理サービスゼロエクスポート
無効電力機能(Q設定値、力率、Q(V))
ユーザーインターフェースリップル制御受信機インターフェース(4 DI + 緊急停止)
卸電力市場取引用インターフェース(外部VPNルーター使用)
SCADAインターフェース(Modbus/TCP)
RS485規格の機器との互換性をSMA Com Gateway経由で実現
ユーザー管理1つの中央管理アカウント
Sunny Portalのアカウントでアクセス
ウェブベースのユーザーインターフェースData ManagerとSunny Portalに共通する画期的なUIデザイン
データのエクスポートシステムデータのエクスポート:毎日(FTPプッシュ方式)